事業の経費もクレジットカード払いで決まり!

被害に合わないためにクレジットカード詐欺を知っておこう

クレジットカードはカード一枚で支払いができ、現金払いにはない特典を受け取ることができます。そんなメリットがあるクレジットカードですが、現金払いにはないカード犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあります。
このページでは、クレジットカードで起こりえるトラブルについて紹介しています。
一般的にカード犯罪に巻き込まれてしまった場合、気が付くのは既に利用された後のため未然に防ぐことは難しいのが現状です。しかし万が一の時に備え、直ぐに対応できるよう予備知識として把握しておくことをおすすめします。
対面決済時におけるトラブル
実店舗でクレジットカードを利用した際、カードを店員に預けるか自身で専用のPOSデバイスにカードを通過させます。その際、POSデバイスに仕組まれた装置にってカード情報が盗まれてしまうことがあります。
オンライン決済時のトラブル
フィッシングサイトなど本家に似せたWEBサイトでカード情報を入力させる場合や、ショッピングカートだけを実装し、決済後は商品を送らないなどの詐欺行為でカード利用者からカード情報やお金を請求する詐欺行為が確認されています。
目視によるカード情報の奪取
インターネットで決済する際、カードに記載されているカード番号、有効期限、名義、セキュリティコードを入力することで決済が可能です。それら情報はカードに全て記載されているため、たとえ身近な人であっても安易にカードを見せないことをおすすめします。
身分を偽っての情報取得
カード会社の社員や警察官などと名乗り、カード情報などの個人情報を得ようとする行為は国内でも多発しています。一般的にメールや電話、対面していたとしてもカード情報などを聞かれる機会はまずありえません。