事業の経費もクレジットカード払いで決まり!

クレジットカードの種類と使える場所

クレジットカードはカード一枚で決済が可能な支払いツールですが、現金と全く同じようにどこでも使えるわけではありません。
クレジットカードの種類
クレジットカードは、銀行やお店などさまざまな企業が発行していますが、クレジットカードの発行や顧客管理だけを行っている発行企業と、決済システムを提供している国際ブランドが存在し、それぞれ提携しています。
また、国際ブランドは世界中で7社(MasterCard、Visa、American Express、JCB、Diners Club、DISCOVER、中国銀聯)存在し、各国のさまざまなお店と提携しており、提携しているお店のことを加盟店と呼びます。
クレジットカードが使える場所
どの発行企業がどの国際ブランドと提携しているかは申込前に確認でき、発行されたクレジットカードにはその国際ブランドのマークが印字されます。
利用可能な範囲は、クレジットカードに印字された国際ブランドの加盟店のみであり、加盟店であれば国に関わらずどこでも利用可能ですが、国際ブランドごと展開にチカラを入れてる地域が異なるため、利用したい国・地域ではどの加盟店が多いのか事前に知っておいたほうが利用しやすくなります。
国際ブランドの特徴
国際ブランドごと、さまざまな特徴がありますので、その一部を紹介します。
・MasterCard
2大ブランドと呼ばれている国際ブランドの1つで、世界シェアがVisaと含め8割といわれており、どの国でも広く利用することができます。
・Visa
2大ブランドと呼ばれている国際ブランドの1つで、世界シェアがMasterCardと含め8割といわれており、どの国でも広く利用することができます。
・American Express
審査基準が高いといわれるクレジットカードで、世界シェアはMasterCardやVisaほど高くないため、利用する場所が2大ブランドよりも限られてきます。
・JCB
日本発の国際ブランドで、日本はもちろん、アジア圏内で加盟店が多いといわれています。
・Diners Club
審査基準が高く、一般的に富豪層が所有することができるクレジットカードですが、2大ブランドよりもシェアは占めていません。
・DISCOVER
日本国内からの発行はされておらず、主にアメリカを中心に加盟店が集中しています。
・中国銀聯(ぎんれん)
中国発の国際ブランドで、日本国内でも加盟店が見られます。主に中国や中国人観光客が多い地域に加盟店が集中しています。