事業の経費もクレジットカード払いで決まり!

クレジットカードとは?カードを持つ前に知っておきたいこと

クレジットカードとは簡単に言ってしまえば、カード会社にお金を借りて支払いする決済方法です。「借りて」という表現に対し良いイメージはないかもしれませんが、借金とはまた異なりるものです。このページではクレジットカードがどのようなものなのか、まとめてみました。
クレジットカードとは何?
クレジットカードは「信用取引」と呼ばれる金融商品で、利用する場合にはクレジットカードを発行するカード会社が定める審査に通らなければ決して利用することができない決済ツールです。
支払いに利用した際には、カード会社が一時的に立て替え、カード会社の規定として定める支払日に利用金額をカード会社へ支払います。
クレジットカードを利用するために必要なこと
クレジットカードは誰でも持てるわけではありません。
カード会社から一時的にお金を借りる信用取引である性質から、利用前にはカード会社が求める資料を提出し、審査に通る必要があります。
提出する書類は、個人情報を記入した申込書、身分証明書のコピー、源泉徴収など収入証明が可能な書類などです。
必要書類から見てもわかるように、勤め先や収入を証明する必要があるため、安定した収入がない、または基準に満たない場合には、審査に通らない可能性が非常に高くなります。
法人で申し込む場合には、活動が証明できる「登録簿謄本」などの書類も求められます。
クレジットカードで利用できる金額
クレジットカードで利用できる金額のことを「限度額」とも言いますが、原則そのカードのグレードで定められている範囲で、カード会社の裁量で決定されます。
申込時に希望額を伝えることができますが、希望額より下回る金額で設定されることも少なくありません。
クレジットカードは、長くそして約束通りに支払いを続けることで限度額上限が上がる措置がされることがあります。 その際も、カード会社の裁量で決まります。